2017年10月15日日曜日

なんとなくずるやすみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、4歳の娘が「しんどい……。ごはん食べたくない……」と言う。

ゼリーなら食べられそう? と訊くとこくんとうなずく。

保育園おやすみする? と訊くとこくんとうなずく。


しかし熱を測ると36.2度。

咳も出ていないし昨夜は元気に跳びはねていた。


これはもしかして……と思いながらも保育園に休みますと連絡を入れて、ぼくも会社を休むことにした。

しばらくはおとなしくえほんを読んでいたが、やがて暇をもてあましたらしく「どっか行こうよー」などと言う。

「お昼何食べたい?」と訊くと、「串カツ!」と云う。

おいおまえ、それもっとも病人食と遠いやつじゃないか。ゼリーしか食べられなかったやつが食べたいっていう食べ物じゃないだろう。

串カツを食べに外に出ると、さっそく元気よく走りはじめた。

「しんどいんじゃなかったの?」と訊くと「しんどい……」と弱々しく応じるが、1分たつとすぐに設定を忘れてまた走りはじめる。



まちがいない。これは詐病というやつだ。もっと平易な言葉で言うならば仮病。

そういや1年前にも同じようなことがあった。

まあいいか。1年に1回ぐらい、保育園をずるやすみしたくなる日もあるだろう。

うまく表現できないけど、4歳児なりにいろいろ抱えていらっしゃるんでしょう。

保育園に行きたくない理由が具体的にあるわけじゃないけど、ただなんとなく行きたくないこともあるんでしょう。

あえて指摘せず「病気でしんどい娘」という設定に乗っかってあげることにした。



おかげでぼくも仕事を休めた。

こんなことでもないと「体調不良でもないのに休む。何の用事もないのに休む」ってできないしね。いい機会だ。

ぼくも娘のずるやすみにつきあい、本を読んだり昼寝をしたりしてごろごろと過ごした。



翌日、娘は何事もなかったかのようにいつも通りに起きて元気よく保育園に行った。

子どもも大人も、たまには「何の理由もないけどなんとなく休む日」があってもいいと思う。



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿