2019年7月31日水曜日

【読書感想文】犯人が自分からべらべらと種明かし / 東野 圭吾『プラチナデータ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

プラチナデータ

東野 圭吾

内容(e-honより)
国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

ミステリとおもって読みはじめたが、近未来SF+サスペンス+サイコ小説って感じだった。

多重人格の主人公、素性不明の謎の少女、DNA捜査システム、新技術をめぐる日米の攻防、裏に隠れた大物の陰謀……と東野圭吾氏にしてはずいぶんケレン味の強い設定。

ただ、どぎつい設定のわりにストーリー展開は平凡。ある研究者が冤罪で追われ、警察から逃亡しながら真犯人を追う……。と、今までに何度も読んだことのあるような展開。真犯人も「まあ順当だよね」という人選だし、謎となっている“プラチナデータ”も想像を超えてくるものではなし。

まあそれだけなら「そこそこのサスペンス」だったんだけど、ラストでがっかりして大きく点数を下げた。

「主人公を追い詰めた犯人が自分からべらべらと種明かし」があったからだ。

これやられたらほんと興醒めなんだよなー。

「おまえはどうせ死ぬのだから冥土の土産に教えてやろう」ってやつね。

聞かれてもないのに自分に不利になることを長々と語るやつね。

計算高くて慎重なはずの犯人なのに、その瞬間だけは相手に逃げられるとか録音されてるとか一切考えないやつね。

『プラチナデータ』の犯人は、典型的なこのタイプだった。
まあしゃべるしゃべる。
全部教えてくれる。なんて親切なんだ。
おまけに、抵抗した主人公と格闘している間もべらべらしゃべる。
「君も警察官だから、武道の心得はあるだろう。しかしこう見えて、私も柔道では黒帯なんだ。おまけに薬の影響で、君は十分な実力を発揮できないときている。勝負あったね。ああ、もう一つ付け加えておくと、この扼殺痕を神楽君の仕業に見せかけることなど、私にとっては朝飯前なんだよ」
これ、犯人と主人公が銃を奪いあって格闘しているときに、犯人が主人公の首を絞めながらいうセリフですわ。
生きるか死ぬかの格闘をしながらいうセリフかね、これが。

つまりこれは作中で交わされている会話じゃなくて読者に対する説明なんだよね。
無理のあるストーリーをごまかすために、言い訳がましいセリフを登場人物に吐かせてるわけです。
「素手での格闘になったら警察官が勝つだろ」「絞め殺したらすぐばれるだろ」というツッコミを封じるために説明させているわけです(ちなみに「この扼殺痕を神楽君の仕業に見せかける」方法は一切説明されない。思い浮かばなかったんでしょう)。

コントを演じている役者がいきなり客席のほうを向いて「えー今のは何がおもしろかったのかといいますと……」と説明しだしたようなものなのです。
だせえ。


東野圭吾作品って初期作品はともかく最近はどれも一定の水準をキープしてるとおもってたんだけど、これはめずらしくその水準に達してなかったなー。


【関連記事】

【読書感想文】 東野 圭吾 『新参者』

【読書感想文】不倫×ミステリ / 東野 圭吾『夜明けの街で』



 その他の読書感想文はこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿