2015年5月5日火曜日

ゲルマン的かいもの術

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぼくは買い物がヘタだ。

すでに冷蔵庫にあるものばかり買ってきてしまう。

特にあぶないのはジャガイモとタマネギとソーセージ。
なぜだかわからないけど、スーパーに行くとジャガイモとタマネギとソーセージばかり買ってしまう。
4個入りのジャガイモを買う。
家に帰るとジャガイモが4個も待ち構えている。
前回買ったときから1個も使っていないのだ。
まるで昆虫が知らず知らず脚についた花粉を運んで花の繁殖を手伝わされるように、ぼくもずる賢いジャガイモの罠にかかってジャガイモを次々と家へと運ばされている。

どうしてとりつかれたようにジャガイモやソーセージばかり買ってしまうのか。ぼくの前世はドイツ人なのだろうか。ぼくの中のゲルマン魂が無意識のうちにソーセージを手に取らせているのか。おそろしい。

でも。
毎回後悔するのに、やっぱり同じものを買ってしまう。
だけどぼくだってばかじゃない。己の「同じものを買ってしまう病」を理解したうえで、それと付き合っていく工夫をしている。
「買いすぎても腐らないものを買うようにする」
魚や生肉や青野菜は傷みやすいから、いくつも買うと腐らせてしまう。
だから賢いぼくは、比較的傷みにくい根菜や加工肉を買う。具体的には、ジャガイモやタマネギやソーセージだ。

なんて賢明で合理的な発想なんだろう!
さすがは合理的なドイツ人の生まれ変わりであるぼくだ。
実に合理的な判断だ。
己の中のゲルマン魂に、ただただ感服するばかりだ。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿