2015年7月13日月曜日

歌ってるやつ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
後輩Nは、ずっと歌っている。
鼻歌とかじゃなく、全国中学校合唱コンクールぐらい大きく口を開けてはっきりと歌う。

隣に人がいても気にせず歌う。
もちろんひとりのときもずっと歌ってるらしい。

「夜道を自転車で走りながら歌っていたら、向こうから人が来て、熱唱を聞かれて恥ずかしい思いをした」
という経験が誰しもあると思っていたが、Nにはそんな経験はないらしい。
なぜなら恥ずかしくないから。
だから彼は、向こうから知らない人が来ても歌いやめない。これまでと同じボリュームで歌いつづける。


そんな彼に対して、ぼくが驚きあきれた瞬間ベスト3。

3位。
焼きそばを食べながら歌っていたとき。

2位。
すぐ隣で別の人が本気の説教を食らっているときに、ウルフルズを歌っていたとき
(さすがの彼も自分が怒られているときは控えるらしい)。

1位。
AKB48の曲がかかっているコンビニで、AKB48のべつの曲を歌っていたとき。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿