2015年4月3日金曜日

北極星と切り株

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぼくは方向音痴。

隣町の銀行に出かけ、歩いて帰った。
電車でたった1駅の距離。
西に向かって歩きはじめた。

まっすぐ行くより裏通りを通った方が早そうだ。
ん?
いつまでたっても知っている道に出ない。
人がどんどん減っていく。
家もなくなった。
川が見えた。なぜ川?
川なんか近くにないはず。

これはちょっと方向がずれていたんだな。
少し引き返す。
引き返したはずなのに、はじめて見る道。
あれ?

何度も方向転換をしたせいで方角がさっぱりわからない。

北極星を探す。
ない。だってまだ午前11時。

切り株の年輪を見ればどっちが南かわかるはず。
ない。街中に切り株はない。


よくわからんけどたぶんこっちが家だろう。
ええいままよ。
おっ! 見覚えのある建物が。
おおー。

ん?
銀行だ。さっき行ったところ。

出発地点じゃないか。
しかも銀行から西に向かって歩き始めたはずなのに、銀行の東側に戻ってきた。

なにこれ。

同じ所をぐるぐる回っていたのか?
どこかで時空がねじれていたとしか考えられない。
よく元の世界に戻ってこられたものだ。

まあいいや。
出発地点に戻ってしまったけど、ここまで来れば家までの道はわかる。
まっすぐ行くより裏通りを通った方が早そうだ。
ん?
いつまでたっても知っている道に出ない。
人がどんどん減っていく。
家もなくなった。
川が見えた。なぜ川?
川なんか近くにないはず。

あれ?
同じ所をぐるぐる回っている?

空間だけでなく時間も……? このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿