2015年6月29日月曜日

お茶をちょっとだけ残す

このエントリーをはてなブックマークに追加
 会社で、既婚女性ふたりが話している。
「うちの旦那ね、コップにお茶をちょっとだけ残すの。あとちょっとなんだから飲みきってよ、って思うのに、なぜか1センチぐらい残すのよね」
「あーうちもー! 片付けられなくてイライラするわよねー」
「なんなのかしらあれ。男の人の習性なのかな。ちょっとだけ残すのって。嫌よねー」

 そばで聴いていてドキドキする。
 ごめんなさい、ぼくもです。
 いっつもお茶を飲みきらずにほんのちょっとだけ残してます。
 そうだったのか。ぼくだけじゃなかったのか。他の男性たちもだったのか。
 そして世の女性たちはイラついていたのか。
 ということはうちの妻も……!

 どうしよう。
 とりあえず、いま隣りにいる既婚女性ふたりに謝っといたほうがいいだろうか。
「お茶をちょっとだけ残してごめんなさい、世の夫たちを代表して謝ります」
と。
 突然ぼくが土下座をしたら彼女たちはびっくりするだろうか。

 いやいや。
 考えてみたらそこまで悪いことじゃないだろう。少なくとも土下座をするほどのことではないはずだ。
 お茶をちょっとだけ残して何が悪いんだ。
 大地震が起きてこの部屋に閉じ込められることになったとき、この1センチのお茶が命を救うことになるかもしれないじゃないか。
 そうだ、むしろちょっと残すほうが正しいんじゃないだろうか。
 おもいきって彼女たちに反論してみようか。
「きみたちだって財布のお金は最後の一円まで使い切らないだろう? 全部使い切るまでに補充するよね。ほらね、そういうことなんだよ」
 突然ぼくが弁論をふるったら彼女たちはびっくりするだろうか。
 怒りだして裁判になったらどうしよう。
 ぼくには「コップも財布も一緒でしょ理論」で彼女たちと裁判長を納得させられる自信がない。
 黙っていたほうが賢明だ。
 そこへKさんが話にくわわってきた。

「まだいいわよ。うちなんかもっとひどいよ。
 うちの旦那、やかんのお茶を全部飲んじゃうの。
 あたしが飲みたいときにはやかんがからっぽなわけ。
 だから云ったのよ、
『最後の一杯を飲んだ人は、次に飲む人のためにお茶を沸かすことにしましょう』って。
 そしたら彼、『わかった』って」
 「よかったじゃない」
「よくないわよ! それからどうなったと思う!?
 彼ったら、やかんにほんのちょっとだけお茶を残すのよ!
 お茶を沸かしたくないもんだから、そのちょっとは絶対に自分では飲まないの!」
 「えー! ひどーい!」

 なんて人だ。
 ぼくも「それはひどいですね」と全女性の味方みたいな顔をしてKさんに同情の言葉をかけた。
 内心「なるほどその手があったか」と思ったことはもちろん秘密だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿