2016年8月28日日曜日

【読書感想文】福岡 伸一『生物と無生物のあいだ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡 伸一『生物と無生物のあいだ』


内容(「BOOK」データベースより)

生きているとはどういうことか―謎を解くカギはジグソーパズルにある!?分子生物学がたどりついた地平を平易に明かし、目に映る景色をガラリと変える。

分子生物学研究者による科学エッセイ。
数十万部発行という科学書としては異例のヒットとなった新書ですが、読んでみたがどうしてそんなに売れたのかがふしぎでしかたがありません。

<続きを読む>


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿