2016年8月23日火曜日

【エッセイ】過去最高の熱闘甲子園

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球が好きなのでここ20年ぐらい『熱闘甲子園』を見ているが、今年は良かった。

高校野球の世界では″10年に1人の逸材″と呼ばれる選手が2年に1人くらい現れるのだが、大げさな表現ではなく、本当に10年に一度の熱闘甲子園だった。
(ついでに言うと走攻守そろったリードオフマンが甲子園に出るとすぐに″イチロー2世″と呼ばれる。ホームランバッターは″清原2世″と命名されるのも定番だったが、清原がああなった今となってはもう呼ばれることはあるまい)



10~5年ほど前の『熱闘甲子園』は最低の時代だった。特にキャスターである長島三奈が取材をするようになってからは地獄だった

どんな試合展開だったのか、どんなプレーが生まれたのか、どういった戦術がとられたのか。

高校野球ファンが知りたいのはそういう情報なのに、長島が取材する内容ときたら、「この選手は誰と仲がいいか」「この選手の家族はどんな人か」といった愚にもつかないことばかりだった。

きっと長島三奈は、高校球児の青春が好きなだけで、高校野球はべつに好きではなかったのだろう。
いきおい、放映されるVTRは野球に対してまったく敬意が感じられない仕上がりになっていた。

特にうんざりしたのは、故人を使って安易に感動を誘おうとするVTRだった。
まだチームメイトが亡くなったとか、監督が死んだとかならわかる。そんな出来事があれば、チームに対する影響も大きいだろう。彼らの死を抜きにはチームのことは語れないにちがいない。

でも「ある選手のお父さんが数年前に亡くなった」なんてのは、本人にとっては大きな出来事だろうが、そのチームにとってはほとんど関係のない話だろう。

ひどいのになると「2年前に亡くなったおじいちゃんに捧げる勝利!」なんてことをいったりしてて、もうそこまでいくと感動どころか失笑しか出なかった。

高校生にもなったらおじいちゃんもいい歳だから、死ぬのもぜんぜん珍しいことじゃないだろうよ。
部員全員の両親曾祖父が健在、なんてチームのほうが少ないと思うぜ。

たぶん熱闘甲子園のスタッフが、むりやりネタをつくるために、選手たちに「身内に亡くなった人いないっすかね?」って聞いてたんでしょうね。
死人で商売する、墓場泥棒みたいなやり口でした。


そんなわけでぼくは、欠かさず観ていた熱闘甲子園から遠ざかるようになった。
高校野球自体は変わらず好きで、毎年1度は甲子園まで足を運んでいるが、熱闘甲子園はときどきしか観ない番組になっていった。


しかし数年前に工藤公康がキャスターを務めるようになってからは、徐々に番組の内容は良くなっていった。
安易な感動狙いは相変わらずだったが、プロ野球解説者も務めていた工藤による解説はさすが着眼点が鋭く、ゲームの内容に深く切り込む内容が増えた。

そして 2014年をもって、ようやく憎き長島三奈が退いた(ぼくはまだ許してないぜ。だいたいなんであいつがキャスターやってたんだ。七光りなんだろうけど、長嶋茂雄だって長嶋一茂だって高校時代は甲子園に出てないからほぼ無関係じゃないか)。
そして古田敦也がメインキャスターとなり、『熱闘甲子園』は十数年ぶりに甲子園をメイン舞台にした番組に戻る(長島三奈時代はグラウンドの外にスポットを当てすぎていた)。

そして番組の内容は格段におもしろくなった。

そうなんです。
べつに選手の宿泊先に押しかけて取材をしなくたって、ただ試合を丁寧に放送するだけで、いい番組はできるんです。
どれだけ練習したかも、身内がいつ死んだかも関係ない。
甲子園での試合にこそドラマがあり、感動があるのです。

作曲の苦労を知らなくたって、いい歌は胸を打つ。
役者の人柄を知らなくたって芝居を観て、人は感動する。


これだよ。
20年ほど前の『熱闘甲子園』はこうだった。
なにより、甲子園での試合の様子を丹念に、ありのままに伝えていた。

そして昨年(2015年)から『熱闘甲子園』は甦った。
高校球児の活躍をきちんと伝える番組になった。

でも2015年は、最後の最後で
高校球児たちが未来への願いを込めた紙飛行機を飛ばす
という、くそダサい演出をやらかして、すべてを台無しにした。
(気になる人はぜひYouTubeで「熱闘甲子園 2015 エンディング」で検索してほしい。ほんとダサいから。そして、明らかに高校球児の書いた文字じゃないから)

2016年の熱闘甲子園は、最後まで野球を中心にした番組だった。
ほんとに良かった!

(褒め称える記事のはずなのに、悪口のほうがずっと多いな……)



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿