2016年8月29日月曜日

【エッセイ】ぼくがヒーローじゃない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえばぼくが空を飛べるとして。

一撃で敵を倒す必殺のパンチをもっていたとして。

頭を切られても何のダメージも受けないぐらい頑強だったとして。

自分の頭がおいしいアンパンの味だったとして。

食べられた後は、工場長的な人が代わりの頭部を補修してくれるとして。


目の前におなかがすいた人がいたら、アンパンマンのように
「さあぼくの顔をお食べよ」
と微笑みながら言えるのか?

って考えてみたわけです。


うーん……。

無理だろうな……。


たとえノーリスクだとしても、できることなら自分の顔面は食べさせたくない。
痛みがなくても、なんか嫌だ。


相手のおなかのすきぐあいによるかもしれない。

「おなかすいたよー! えーん、えーん!」
ぐらいだったら、まちがいなく食べさせない。

「そうは言ってもまだ我慢できるよね?」
「つばとか飲み込んだらちょっとは気がまぎれない?」
「市役所とかに相談に行ってみた? 意外と公的なサービスって充実してるよ?」
と、口頭だけで解決をはかると思う。


スジャータが思わず乳粥を飲ませてしまったほどガリガリに痩せていた断食中の釈迦(手塚治虫『ブッダ』参照)。
あれぐらいになってはじめて、自分の顔面を食べさせることを検討する(あくまで検討ね)。

でも、もし食べさせるとしても、せいぜい眉毛とか、唇の皮とかだと思う。



だから、肉体的な理由だけじゃなく、精神的にも、ぼくはヒーローにはなれないな、と思う。



あっ、でも相手がとびきり美人な女性だったら話は別ね。

それだったら、彼女がお昼過ぎに
「あーちょっと小腹がすいたなー」
って言ってただけで、すぐに
「ぼくの顔をお食べよ!」
って言う。

「どこからでも食べていいよ!」
って言う。

「あっ、でも耳だけは最後まで残しておいてよ。きみがぼくの顔を咀嚼する音を聴いていたいから」
って言う。


痛みもなく、美女の整った歯によって噛み砕かれてゆくワタクシの顔。

おお。ぞくぞくする。



これってヒーローの素質ですかね?



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿