2016年2月3日水曜日

【エッセイ】20%のよこしまな感情

このエントリーをはてなブックマークに追加

 同僚の女性が言っていた。
「わたしが前いた会社、結婚してる男の人はみんな愛人がいたんですよ」

 翌日、また別の人から聞いた。
「こないだテレビでやってたんですけど、80パーセント以上の既婚男性が不倫をしたことがあるんですって」

 なんてこった。
 こうしちゃおれん。

 恥ずかしながら、ぼくには愛人がいない。ただのひとりも。
 いってみればチェリー。チェリー・ハズバンド。

 知らない間に自分が『出遅れている20パーセント』に入っていたなんて。周りに流されがちな日本人のひとりとして、このムーヴメントにはぜひとも乗っておきたいところ。
 お金ならある! 月に4,000円までなら出す!

 今からでも遅くはない。やなせたかしが『アンパンマン』を発表したのは50歳のときだもん。
 やなせ先生、勇気をありがとう!


 しかし愛人ってどうやって募集するんだろう。
 80パーセントの既婚男性はどうやって募集したんだろう。
 街ゆく女性に「ねえ君、愛人にならない?」と声をかけるとか?
 そんないかがわしいこと、人見知りのぼくにはできない。

 どっかに求人広告を載せるのかな。
 リクルートあたりが愛人情報専門のフリーペーパーとか出して駅に置いてそうだな。
 それともあれかな。
『Oggi』『25ans』みたいな満たされない女が読んでそうな雑誌にそういうコーナーがあるのかな。ぼくが知らないだけで。
誰か、愛人を紹介してくれる人を紹介してください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿