2015年12月5日土曜日

暗算こそが我が人生

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日も初対面の人から「冷蔵庫の中身、すぐに賞味期限切れさせそうだよね」って言われたあたしだけど、こう見えて暗算はけっこう得意。
だって日能研に通ってたから。
毎週月曜日は行きたくないって泣きながら通ってたから。

買い物をして、代金が678円になったとするよね。
財布を見たら、小銭がけっこうたまっている。
しめた、って思う。
“ごはんを炊くのが上手”と並んであたしの数少ない特技である暗算能力を使うときがきた!

あたしは瞬時に計算して、財布から1233円をとりだして、レジに置く。
いや、置くんじゃない。たたきつける。
びたんっ。
王手!

レジ係は怪訝な顔をするよね。
678円だっつってるのに何こいつ1233円とか出してるの、まじ意味わかんねーし、義務教育受けなおしてこいよ、って顔してる。

でもあたしは涼しい顔。
まあいいからレジ打ってみなさいよって。
そんな顔をするし、調子づいているときにら実際に口に出して言う。
「いいから打ってみなさいよ」

レジ係は、このはし渡るべからずの橋を堂々と渡りはじめた小坊主を見たときみたいに「解せぬ!」って顔するんだけど、そうはいっても客であるあたしには逆らえないわけよ。資本主義バンザイ。

首をかしげながら預り金額を入力するレジ係。
「1」「2」「3」「3」「小計」

そして液晶画面に明々と表示されるおつり。


“ ¥555 ”


決まった……!
どやさっ。

678円の請求に対してあたしが1233円出したとき。
おつりが硬貨3枚ですむなんて、このレジ係はたとえ頭の片隅でも想像しただろうか。
いいや、してないね。
義務教育受けなおしてこいよと思っていた(にちがいない)レジ係に対して、あたしは声を大にして言ってやりたい。
義務教育受けてましたけど?
それどころか日能研通ってましたけど?
泣きながら?

ところで、あなたの人生の最大の晴れ舞台っていつ?
結婚式? 大学の合格発表? 甲子園に出たとき? 紫綬褒章もらったとき?

あたしは今、このとき。
555円のおつり表示を前にして
「こ、こ、こ、こいつ……。できる……!?」
って脳内であたしにひれ伏している(にちがいない)レジ係に向かって、そら見たことか! って尊大な顔をしているとき。

すばらしきかな我が人生!

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿