2015年11月15日日曜日

【読書感想】 内田 樹 『街場の戦争論』

このエントリーをはてなブックマークに追加

内田 樹『街場の戦争論』

内容(「版元ドットコム」より)
日本はなぜ、「戦争のできる国」になろうとしているのか?
安倍政権の政策、完全予測!
全国民の不安を緩和する、「想像力の使い方」。
シリーズ22世紀を生きる第四弾!!
改憲、特定秘密保護法、集団的自衛権、グローバリズム、就職活動……。「みんながいつも同じ枠組みで賛否を論じていること」を、別の視座から見ると、まったく別の景色が見えてくる!現代の窒息感を解放する、全国民必読の快著。


  内容はいつもの内田樹という感じなのですが(べつにけなしているわけではなくいつもの水準でおもしろいということだ)、本文よりもあとがきに心を動かされました。
 以下引用。

 ですから、この本はかなりシリアスかつアクチュアルなトピックを扱ってはいますけれど、ほとんど論争的な性格を持っておりません。ただ、「みんながいつも同じ枠組みで賛否を論じていることを、別の視座から見ると別の様相が見えます」ということを述べているだけです。それだけ。「僕が見ているようにみんなも見るべきだ」というようなことは求めておりません。

 ぼくが他人に読ませる文章を書くときに心がけていることがふたつある。
 ひとつは「自慢ほどつまらないものはない」ということ。これは説明不要でしょう。
 もうひとつは「『~するべき』の言い回しを極力避ける」ということ。
 右翼でも左翼でも、原発推進派でも反対派でも、うどん派でもそば派でも一緒なんですが、
「~するべき」「~しなければならない」「~という考え方をするやつはだめだ」
という調子で書かれたものは、まあつまらない。

 逆説的だけど、他人に指示をする文章は、他人に読ませる文章ではありません。
 登山をするべきだとはどこにも書いていないけれど、読んだ後に「おれも山に登ろう!」と思わされるテキスト。それが他人に読ませるための文章です。
 あるいは「おれは山が嫌いになった!」と思わされるテキスト。これもまたいい文章です。
 書き手の意図とはぜんぜんちがう方向に心を動かされるのも、すばらしい読書体験です。

 金曜ロードショーで観る映画が7割減でおもしろくなくなるのは、画面の端に
「この後、感動のエンディング!」
みたいな煽り文句が出てくるからです。
 はいここで泣きなさい、この映画は名作なので感動しなさい。そんなことを言われておもしろくなるわけはありません。

 論争は自己満足と自己満足のぶつかりあいです。他人を動かす力はありません。
 テレビ番組や国会の論争を見て「これはいいものを見た」と思ったことはありますか。ぼくはありません。少なくとも論争をしている片方を、多くの場合は双方を嫌いになる。耳を貸したくなくなる。
 こうすべき、これが絶対に正しい、という主張に人を動かす力はありません。

 スローガンというやつも同じです。
 書くの好きな人多いですよね、スローガン。
 学校の教室に貼ってある「元気に明るくあいさつしよう」やら、オフィスの「汗と知恵を出せ!」みたいなのやら、電車内の「チカン、アカン」やら。
 あれを読んで「よし、元気に明るくあいさつしよう!」とか「今まで温存していたけど、知恵を出すことにしよう!」とか思ったことはありますか。ぼくはありません。痴漢は妄想の中でしかやったことありませんが、もし本当の痴漢だったとしても、あれを見て「チカン、やめよう!」と思うことはないでしょう。
 そりゃそうですよね。
 あれで人の心を動かせるなら、小説家なんてひとりもいりません。何百ページにもわたる小説を書く必要なんかない。たった一文、「感動しなさい」と書くだけでいい。「おもしろがりなさい」と書きさえすればいい。

 そんなわけでぼくは思うのです。
「~するべきだ」という言い回しはぜったいに避けるべきだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿