2015年5月4日月曜日

コッシーの曲

このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもが生まれてからNHK Eテレの幼児向け番組をよく見るんだけど、番組で流れている曲を作っているのが、トータス松本とか山崎まさよしとかつんくとかワタナベイビーとか、なじみのある人たちだ。

そうか、この人たち今では子ども向けの曲を作るようになったのか。

……と思ったが、よく考えたらたぶんそうじゃない。
子ども向けではなく、親世代向けにキャスティングされているんだと気づいた。

どうせなら親がよく知っているアーティストのほうがいいもんな。
それに、30代にかぎっていうなら『ミュージックステーション』より『いないいないばあ』のほうが視聴している人数が多いんじゃないだろうか。
曲のマーケティング的にも、歌番組に出るより幼児向け番組のほうが宣伝効果は高そうだ。

今人気のアーティストも、15年たったら『みいつけた!』の曲を作ってるんだろうな。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿