2015年4月20日月曜日

小籠包2倍熱い説

このエントリーをはてなブックマークに追加
小籠包(ショウロンポー)を食べるたびに思うのだが、小籠包の熱さは常軌を逸している。

小籠包を口に運ぶ前に
「熱いから気を付けなくちゃ」
と思うのだが、それでも毎回「はふっ(熱っ)」となる。
ほとんど地獄の熱さだ。

小籠包をはじめて食べる人は、百人が百人とも肉汁で舌を火傷する。
「こちらたいへんお熱いのでお気をつけください」
と言われても絶対に「はふっ」となる。

熱いから気をつけろと言われると、我々はアツアツの餃子ぐらいの熱さを想定する。
でも小籠包の熱さはそんなもんじゃない。
なにしろやつらは地獄出身だ(食べ物をできたてのうちに食べないでいると、死後には小籠包を口に詰め込まれる『肉汁地獄』に落とされる)。
「これぐらい熱いだろうな」と思っている、その2倍小籠包は熱い。

私はここに「小籠包2倍熱い説」を唱えたい。

はじめて小籠包を食べる人が「お熱いのでお気をつけください」と言われて想定する、その2倍熱い。
二度目に食べる人は小籠包の熱さを知っているから警戒するが、それでもその想定の2倍熱い。
何度食べても、小籠包はこちらがイメージしている熱さを2倍上回る。
これが「小籠包2倍熱い説」である。

だから小籠包を提供するお店はこう言わなくてはならない。
「こちら、お客様が思っている2倍熱いのでお気をつけください」と。

そう言われて2倍の熱さを覚悟した場合、もちろん小籠包は4倍熱い。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿