2015年4月19日日曜日

生きているんですよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 1歳の娘をだっこして電車に乗っていたときのこと。
 娘が泣きだした。
 声をかけたり、揺れたり、ヘンな顔をしたりするのだが、いっこうに泣きやまない。泣き声は大きくなるばかり。
 周りも迷惑だろうと思うが、どうすることもできない。
 肩身の狭い思いをしていると、隣のおっちゃんに声をかけられた。

 それが「うるさいから静かにさせろよ」とかだったら、こっちとしても謝るなり、「しょうがないじゃないか」と反論するなり、対処のしようがある。
 ところがおっちゃんはこう言ったのだ。


 赤ちゃん泣いてますよ。


 いやわかってるし!
 この車両の乗客全員がわかってるし、なによりだっこしているぼくがいちばんわかってるし!

 予想外の一言に返す言葉もなく呆然としていたら、伝わっていないと思われたのか、もう一度言われた。

 赤ちゃん泣いてますよ。


 結局、あぁ、はぁ、みたいなあいまいな返事しかできなかったのだが、なんと返すのが正解だったのか今もってわからない。

「ぼくもあなたも生きているんですよ」
とかわかりきった言葉を返すべきだったのだろうか。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿